%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%98%e3%82%83%ef%bc%81%ef%bc%81 シルエットクイズじゃ!!


2014年5月16日 by mascot

楓「楓と」
ル「ルナの」
「「お化けコーナー!!」」

楓「というわけで、わしがナインテイルのカレーメシを食らいつくすマスコット、楓じゃ」
ル「紹介。私はルナ。デュアルテイルの夜な夜なオリーブオイルを舐めるマスコット」
楓「ルナよ。いよいよ気温も上昇してきて、いかにも初夏といった天候じゃな」
ル「天候。インターネットの。情報によると。今年は。エルニーニョ現象とかいうもので。冷夏になるかも。しれないのだとか」
楓「エ、エルニョ……? なんかハラペーニョみたいなもんかのう?」
ル「類似。言葉だけ見ると。エルニーニョも。ハラペーニョも。似たようなもの」
楓「ふうん。天気予報も大変なんじゃなあ。んで、そんなことより、実はこんなものが届いてたのじゃが!!」
ル「封筒。文面。『シルエットクイズですワ』とある」
楓「これは……ズヴァリ、わしらに対する挑戦状なんじゃーーー!!!」

『親愛なるマスコットの皆様へ挑戦状ですワ
このシルエットクイズを全て誰だか当てられるかな? ですワ』

楓「ふうむ、どうもこの文面は色々なところで見たことがある気がするのう」
ル「語尾。思い当たる容疑者が。多くて。逆に誰からの挑戦状か。わからない」
楓「まあよい、さっそくシルエットクイズとやらを見てみるぞ!!」


ル「影絵。レベル1。どれも。すぐに分かった」
楓「うむ、ヒントの通りでどれも殆どそのまんまじゃな」
ル「名称。左から順に。闇アリクイ」
楓「勇者の嫁」
ル「ゆきだるま」
楓「夜天の風」
ル「完璧。さっさと。レベル2へ向かおう」


楓「むむ、全部どこかで見覚えがあるような気がするが……」
ル「特徴。一番左のユニットは。ボエーと歌っている。こんなユニットは数少ない」
楓「真ん中の竜の角っぽい影と、竜の尻尾っぽい影があるのう。簡単じゃ」
ル「右側。この特徴的な。武器には。見覚えがある」
楓「うむ、では左から順に答えあわせじゃ!! アルラウネ」
ル「ヨルム」
楓「ヒルダ」
ル「完璧。私たちの記憶力に。隙はなかった」


ル「記憶。VBシリーズでは。見覚えがないような」
楓「ルナよ、ヒントを良く見るのじゃ! これはもしかしたら、ナインテイルやトライテイルのキャラも入っているかもしれんぞ」
ル「特徴。よくよくみると。各自色々と。特徴的な影をしている」
楓「左の奴は大きい剣と、巨大な左手が印象的じゃな。その次はなんじゃろうなあ、両手に何かつけとるんか?」
ル「双影。三つ目のシルエットは。どうやら二人一組。そして一番右は。刀を構えて。マフラーのようなものをまいた。人物のよう」
楓「では左から答えあわせじゃ!! トール!」
ル「ヨルム」
楓「ツインマーフォーク」
ル「忍者」
楓「今! わしらの記憶力が冴え渡る!!!」


ル「疑問。今回も。本格的に。見覚えがない」
楓「うーむ、なんじゃろうなあ。まさか、今開発中のゲームの新ユニットとか……なーんてワケないかー」
ル「特徴。とりあえず。1つづつ。特徴を見ていこう。一番左は。なにやらトゲトゲしい」
楓「二つ目は何かヒラヒラしておるのう。飛んでいるんじゃろうか」
ル「小柄。三つ目は妙に小さい。地面のところに何か出ているのだろうか」
楓「四つ目はもうなにがなんだか意味が分からん」
ル「解答。では。左からいこう。トゲトゲ魔人」
楓「ヒラヒラソルジャー」
ル「小柄魔神」
楓「ワケワカランジャー」
ル「完結。全て答えつくした。おそらく。全部。当たっていると思う」

楓「……さて、ルナよ。この挑戦状を全て答えきったわけじゃが、これって答えはあるんか?」
ル「皆無。先ほどの。封筒を覗いても。答えらしきものは。一切入っていない」
楓「ぬおおおおお、おそらく全問正解しているとはいえ、答えが分からないままというのは実にもやもやするぞ」
ル「推理。まさか。シルエットクイズそのものではなく。私たちをモヤモヤさせることが。真犯人の。真の目的なのではないか」
楓「なんじゃと!? わしらはまんまと真犯人にのせられてしまったわけか!!」
ル「怪人。『錬金術師の従者』は。今もどこかで。モヤモヤする私たちを見て。ほくそ笑んでいるかもしれない」
楓「ぐぬぬぬ、じっちゃんの名にかけて、そのうち捕まえてみせるのじゃ!!」
ル「話題。三文芝居はここら辺でおひらきにして」
楓「三文芝居とな!?」
ル「連絡。何か。お知らせごとなどは?」
楓「まったくないのじゃ! ビックリするほど、お知らせごとがないのじゃ」
ル「驚愕。数ヶ月前は。毎週のように。お知らせがあったというのに」
楓「まあ、ゲームを発表したりする時期になれば、嵐のように新しい情報やらお知らせやらが舞い込んでくるとは思うんじゃがなあ」
ル「了解。では。次のお知らせを。じっくり寝て待つことにしよう」
楓「果報は寝て待てとは良い言葉じゃな」
ル「果報。起きる頃には。吉報が増えているのだろう。zzz」
楓「こやつ既に寝おった。というわけで、今日の日記はこれくらいにしておこうかの。ユーザー諸君も、たまにはゆっくり寝て果報を待つのも大切じゃぞ!! ではの!!」

タグ:

コメント / トラックバック3件

  1. アンカー より:

    レベル3の左は遠くを望んでいる方かな?
    4は全く見覚えがない

  2. 素浪人 より:

    レベル3の一番左とレベル4以外はわかりますね。レベル4に関しては全く見た記憶が‥
    まぁ一番左のアレはお助けおねーさんだとは思うんですけど

    正答が無い中、よくわかったのは楓様とルナ様の記憶力についてでした

  3. 秋原 より:

    レベル4はわかったのにレベル3がさっぱりわからないとはまだまだ修行が足りないのか。