%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%ae%e4%ba%88%e5%ae%9a カメリアノート修正パッチの予定


2011年4月4日 by keimaru

簡単に、現在予定されているカメリアノートの
修正パッチ内容のお知らせです。

一部で敵の思考ルーチンが正常に働いておらず、
低難度用の思考ルーチンがほとんどの敵に適用されていた不具合を修正します。
それに伴って、若干思考ルーチンにも手を入れます。

敵のLV制限99を撤廃し、100以上の敵が登場するように修正します。
また、本編のシナリオバトルの難度設定、「超むず」の上に新規難度「激アツ」を作ります。
これによりLV設定が「超むず」よりもはるかに上がります。

ゲームモード「ウィザード」の上に新規難度「エスパー」を作ります。
敵のカードが常に2枚隠され、雑魚にもエクストラスタイルも登場するようになるなど、
さらなる高難度向けコンテンツとなるように拡張します。

ほかにも、いくつかユーザー様からご報告いただいたバグを修正予定です。
今しばらくお待ちくださいませ。

タグ: ,

コメント / トラックバック2件

  1. keimaru より:

    コメントありがとうございます。
    4/5に修正パッチがアップされたことにより、
    難度とプレイングに幅ができ、さらに思考ルーチンも改良されました。
    ぜひぜひ楽しんでいただけたら幸いです。

  2. komaichi より:

    こんにちは。

    本作は難易度をいくら調整してもいつもより手ごたえがなく、折角大幅に広がった
    戦術性を存分に活かす場が少ないように感じ残念に思っていたのですが、
    実は本来のエグさを発揮していなかったわけですね。

    パッチが配布され次第真の超むず、そして激アツを堪能しようかなと思っています。

    ウィザードモードの敵の札隠し仕様は、不確定さがイイ具合に戦闘の緊張感を高めてくれていたと思うので、さらに上のエスパーモードも楽しみにしております。

    修正パッチ首を長くして待ています!