c88%e3%81%a7%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%81%8c%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%88%e3%83%bc%ef%bc%81 C88でグッズが販売されるよー!


2015年7月31日 by onikage

 なんて報告を、ウチのブランドからお届けすることになろうとは……!!
(むかーし、テレカとか売ってたことあった気がしますが)

 なお、ページはこちら、CranCrownの、C88:夏コミ特設ページに詳しく載ってます!

 でも、折角なのでサンプルを触ってみての感想などを述べてみましょうかね。
 まずはメッセンジャーバッグから!

 ジュリア様の勇ましいバトルカットインをあしらいつつも、洗脳覚醒後にウェディングドレスにも使われている薔薇の花を配置して、女性らしさも加えられています!
 バッグ自体もしっかりとした作りで、底板もあって書類や本を入れても安定感抜群。
 ポケットなどもふんだんに配置されていますので、財布やらスマホやら入れるにも困りません。
 これで3000円ってのは、良く作れたなあ、と、驚くばかり。

 そしてお次はテリアのバトルカットインを用いたTシャツ!


 高精度4色シルクスクリーン印刷、更には5.6オンスの厚手生地を使っているので、そうそうにヘタれる心配もない高品質なアイテム!
 襟元や袖口の縫製もしっかりしてますので、普段着として使っても全く問題なし! 竜ロリへの信仰を見せつけてやろうZE!

 最後はVBシリーズのユニットアクリルキーホルダー第2弾!!
 5/2に開かれたイベント『Character1』にて、多数の触手たちをガチャの沼に沈めたアイテムの第2弾ですよ!
 今回もガチャでご提供! しかもノーマル9体+シークレット3体の、総計12体に増量!!
 シークレットの1つは完全描き下ろし! 他のもちょいちょい調整とか入ってたりします。
 アクリルキーホルダーがどんなモノは、この辺のブログを見て頂くと伝わりやすいんじゃないかな。どうかな。
 前回は人気投票の上位キャラをチョイスしたのですが、今回はそれに加えてメインヒロイン勢をラインナップ!
 関連の強いキャラも混ぜたりしたので、セットで並べるとイイカンジになるんじゃないかな。どうかな。

 更に、期間中に2000円以上のお買い上げで、トレーディングカードがランダムでもらえるキャンペーンも開催!
 こちら、色々なメーカーとの協賛企画となってまして、各社さんからヒロインを集めたトレカとなってます。
 ウチからはギアドラ2のアシュリーちゃんが参戦! ゲットできたらラッキーですね!

 いやあ、しかし、冒頭でも述べましたが、こうやってコミケに3つもグッズを出せている今の状況は、なかなか感慨深いものがありますね。
 ここまで応援して下さったユーザー様や、5月のCharacter1で商品を買って下さったユーザー様のおかげです。
 いやホント、他のライト系メーカーさんに負けないくらいのユーザー様が訪れ、商品を買って下さったワケですよ。
 CranCrownさんも、VBシリーズがのグッズがここまで求められていたとは予想外だったようで、その辺を加味してC88でのグッズ増加に繋がったワケです。
 これからもゲームを作り、それを楽しんでもらい、手に入れたらむふふと笑えるようなグッズを提供できればと思います。

 今年はギアドラ2の発売も控えていますし、色々やっていければなあ、とか。
 何かやるよーってことになりましたら、HPやらブログやらでお知らせしようと思いますので、ちょいちょい覗いてやって頂ければ幸いです。

 また、本日、長らく売り切れ状態が続いていた、『NINETAIL VOCAL COLLECTION Vol.2』が再販されました!
 前回買い逃した方、後から知ったけれど買えていなかった方、どうぞお手にとって下さいな!

 そうそう、リーゼの抱き枕カバーですが、発送予定は8/4になっております。
 発送から数日で皆様の元に輿入れしますので、ちゃんと準備万端整えておくんだぞ! 部屋とか掃除して、爪とか髭の手入れも忘れずにね!

 てなトコで、今日はこの辺でー。

タグ: , , , ,

コメント / トラックバック2件

  1. キャラ1の触手T より:

    今回のコミケは流そうかと思った矢先にコレですよw
    みつけて数秒でいくの決意しましたw
    今回もガチャコンプ目指して頑張ります!
    …またしゃちょうに会えるかな?|壁|ω・)チラッ

  2. 素浪人 より:

    また新たにグッズが‥ 初めて夏コミに参加したくなりました。
    あの底なし沼のようなガチャが再び帰ってきましたか。
    日程さえ合えば是非行きたいと思います。

    それにしても勇者がいるのに勇者の嫁はいないなんて